【やばい恋】から【キュンとする恋】まで「恋バナ・恋テク」恋愛特化型サイト!

私の夏は恋の味

高校二年生の夏休み、私、美咲は友人たちと共に海辺の町へ旅行に行くことになりました。降り立った駅は、青い空と広がる海、そして町の賑やかな雰囲気に包まれ、私の胸は高鳴りました。友人たちと共に民宿へ向かう途中、ふと視線を感じて顔を上げると、そこには一人の少年がいました。彼と目が合い、一瞬の間、時間が止まったように感じました。彼は私に優しい笑顔を向けてくれましたが、そのまますれ違いました。その少年の名前は、悠斗といいます。

その日の夕方、私は一人で浜辺を散歩していました。波打ち際でスケッチブックを広げて絵を描いている悠斗を見つけました。私は彼の絵に興味を持ち、自然と彼に話しかけました。「こんにちは。素敵な絵ですね。」悠斗は少し驚いた様子で顔を上げましたが、話は盛り上がりすぐにお互いに笑顔になりました。「

その日から、私と悠斗は毎日のように会うようになりました。一緒に海を泳いだり、町を探索したり、彼は地元の名所をたくさん教えてくれました。悠斗はとても優しく、私たちはすぐに打ち解けました。彼と過ごす時間は本当に楽しく、特別なものでした。

ある日、悠斗は私を町の夏祭りに誘ってくれました。提灯の明かりが灯る中、私は浴衣を着て彼と一緒に祭りを楽しみました。彼の目に私の浴衣姿が映り、少し照れたように見つめられました。私も彼の浴衣姿が素敵だと思いました。祭りの喧騒の中で、私たちの距離はどんどん縮まっていきました。

その夜、花火が打ち上がり、夜空を美しく彩りました。私たちは手をつなぎ、花火を見上げました。その瞬間、私の心に特別な感情が芽生えました。悠斗も同じ気持ちだったのでしょうか、私たちは言葉を交わさずとも、お互いの気持ちを確認するように見つめ合いました。

楽しい時間はあっという間に過ぎ、私たちが町を去る日が近づいてきました。別れの前夜、悠斗は私を浜辺に誘いました。波の音が静かに響く中、悠斗は私に手作りのシェルブレスレットを渡してくれました。「美咲、この夏君と過ごせて本当に楽しかった。君との時間は忘れないよ。」その言葉に、私は涙がこみ上げました。「また会えるよね。」

「もちろん。また会おう。」

そして、私たちは別れました。東京に戻った私は、日常の中で悠斗との思い出を大切にしながら過ごしました。毎日彼とのメールを楽しみにし、私たちの絆は遠く離れていても続いていました。私は次の夏休み、再び海辺の町を訪れることを心に決めました。

あの夏の日々は、私にとってかけがえのない宝物となりました。悠斗との出会いが、私を少し大人にしてくれたのです。夏の海辺での思い出は、永遠に私の心の中で輝き続けるでしょう。