【やばい恋】から【キュンとする恋】まで「恋バナ・恋テク」恋愛特化型サイト!  

    ホーム

遠距離恋愛の先にある幸せを私は知った

大学時代、私は恋愛には縁がないと思っていました。しかし、ある日キャンパス内でのイベントで、一目惚れするような出会いがありました。彼女は私と同じ講義を受けているという事もあり見かける機会は多く私は日に日に彼女に引き込まれていったのですが、恋の果ては成熟です。私は彼女に声をかける決意を固めました。

ちなみにですが、出会ったころ彼女も私に興味を持ってくれていたようで、私たちが親しくなるのに時間はかかりませんでした。仲を深め彼女と話していく中で気づいたのですが、彼女はどうやら遠距離恋愛をしており、彼女は他の誰かと付き合っているみたいだったのです。

私は告白に戸惑いを抱きましたが、高まる気持ちを抑えることは勿論できず、その不安を解消するために、私は彼女に直接聞くことにしました。彼女は驚いた表情を浮かべながらも、私に事実を話してくれました。彼女は他の人と遠距離恋愛をていたことは確かですが、過去のことで今は一人とのことだったのです。

私は他の想い人がいるのではないのだろうかという不安は解消したのですが、それから私たちの関係はスムーズには行きませんでした。全て私自身のことなのですが、彼女の元彼の影が私を揺るがせ、不安から抜け出すことは出来ていなかったのです。今はいない想い人であるにも関わらず女々しい雰囲気の自分は1度彼女との付き合いを諦めようと考えた程です。

不安の気持ちと考えを告げると彼女は私を支えるように私を受け入れてくれました。彼女の温かい心に触れ、私は彼女に対する愛情をより深めていきました。そして、私たちはお互いを支え合いながら、幸せな関係を築いていくことができました。

私は彼女との関係を大切に、これからも彼女と一緒に歩んでいきたいと思っています。