【やばい恋】から【キュンとする恋】まで「恋バナ・恋テク」恋愛特化型サイト!  

    ホーム

僕が運命の人と出会い結婚するまで

当時の私は毎日が仕事の連続で、とてもじゃないですが恋愛には疎遠になっていました。

そんな僕にとっての唯一の癒しは、週末に訪れる古びたカフェで過ごすことです。

そのカフェは繁華街から少し離れた静かな場所にあり、僕はいつも同じ席に座るほどの常連で、コーヒーを飲みながら本を読むのが習慣です。

今でもあの店内の暖かな雰囲気と、店主の穏やかな笑顔が心地よかったと感じます。

ある冬の日、いつものようにカフェに足を運んだ僕は、普段は見慣れない女性が店内に座っていることに気づきました。

彼女は窓際の席に座り、ノートパソコンに向かって何か作業をしており、そんな彼女に僕は目が留まっていました。

後に知るのですが、彼女の名前は麻衣(仮名)といい、フリーランスのデザイナーとして活動しているということが、店主との会話でわかります。

麻衣は、カフェの静かな環境が創作に最適だと言っており、その日以来、僕はカフェに行くたびに麻衣の姿を目にするようになりました。

ある日、僕は思い切って麻衣に話しかけてみることにした。

彼女は優しい笑顔で迎えてくれ、僕たちは自然と会話が弾んだことを覚えています。

共通の趣味や仕事の話で盛り上がり、僕たちはすぐに打ち解け合いました。

それからというもの、僕たちは毎週末一緒にカフェで過ごす毎週のルーティーンのようになりました。

日を追うごとに彼女と過ごす時間は、僕にとってかけがえのないものとなっていきます。

ある夜、カフェが閉店する時間になり、外には雪が降り注ぐ時期でした。

麻衣と一緒に外に出ると、雪景色が広がっていました。

手を繋ごうかどうか悩む僕でしたが、麻衣が突然足を止め、僕の方を向いてこう言います。

「直人さん、雪って不思議な力があると思わない?こうしていると、なんだかすべてが新しく始まる気がする。」彼女の言葉に、僕は心が温かくなった。

僕の心は射抜かれたような気持ちになりました。

「麻衣、僕も同じ気持ちだよ。君と出会ってから、毎日が特別になった。ありがとう。」僕は勇気を出して言った。

麻衣は少し驚いたようでしたが、すぐに微笑んでくれました。

思わずですが、僕は彼女の手を取っていました。

そして、年月は過ぎある日曜日のことです。

僕は麻衣にプロポーズをする決意を固めました。

カフェの店主にも協力してもらい、サプライズも用意し準備は万端に。

店内はロウソクの灯りと花で飾られており麻衣は店に入ると驚いた様子でした。

「直人さん、これは一体…?」

僕は緊張しながらも、心からの気持ちを伝えます。

「麻衣、君と出会ってからの時間は、僕にとって本当に幸せだった。これからもずっと一緒にいたい。僕と結婚してくれませんか?」

麻衣は涙を浮かべながら、ゆっくりと頷いた。

「はい、直人さん。私もずっと一緒にいたいです。」

その瞬間、僕たちはお互いを抱きしめ合いました本当に幸せです。

カフェの店主や常連客たちも拍手をしてくれ、お店も心も温かい雰囲気に包まれました。

それから数ヶ月後、僕たちは結婚式を挙げました。

 

雪の降る日、冬の魔法が僕たちの手と心をつなげた瞬間を、一生忘れないだろう。